Tweet

仕事の成否は本当に「紙一重で決まってる」と最近よく思います。みんな似たような活動を世界中でやっているのに最後は紙一重。けど、この紙1枚が重くて厚い。簡単には越えられない。両者を隔てている差はおそらく微妙な差への執着。枝葉末節も大木の構成要素です。ひたすら落ち葉を拾っていきます。

3年前に買って一度も洗車せず、たった500キロしか乗っていなかった骨董品を売却。引取価格21.7万バーツ(約72万円)でした。買ったのは確か200万円位?かな。忘れましたが十分です。車検・保険・税が来ないだけで助かりますからね。kawasakiのディーラーで買っていたので買い戻しもスムーズで安心でした。

あとちょっとでドバイに移住です。自分で決めたのになんだか寂しいです。家もそのままにして旅行では戻ってきますけど特にベビーシッターさんとの別れが。息子が1歳になる頃に出会って今年5歳だから。長いこと離れず家族のように一緒にいてくれました。麗もなついてるから大丈夫かめ。別れは悲しいね。

月曜日にEチケットを提示して事情を話し交渉してきます。交渉なんてできるのか分からないですけどね。無理だったらフライトずらすしかない。タイのやり方UAEのやり方両方知る必要ありで最近は海外で子供を育てていくことの責任の重さを感じ始めました。学校の面談とか親も英語だし先が思いやられます。

子供の幼稚園の学年の終了証書をタイの外務省でリーガライゼーションしなければいけないのですがコロナ禍で予約制になっていてそれを知らずまた返り討ち。外国から外国の引っ越しだと日本語で検索してもグーグル先生の知恵が出てこないから難易度が高い。予約はできたけど渡航予定日の後に呼ばれたw😭

@WD4x944NbgaUmNI そうなんです☺長いことタイにいたから忘れてましたがUAEはイスラム国でした。タイの中にあってもembassyは治外法権で、UAE国内にいる時と同じ作法みたいです。

Embassy of the United Arab Emiratesに短パンで行ったら返り討ちにあったのでズボンを買って行ったら次はサンダルで返り討ちにあいサンダルを買って行ったら今度は手続きの順が違うのでタイの外務省に先に行くよう諭されました。返り討ちな1日でしたがパパは麗君の転校の為、何でもします。やり直し。

表面に見える進化が止まっていても良いから内面的で質的な進化に注力する。ここで言う内面とは必ずしも心を指しているわけではなくて色々な意味があります。質実剛健ですね。どちらかに時間配分せざるを得ないからこそ中身に振った方が結局は大きくなる。表象に力が偏ると限界を感じることが多くなる。

家の中は愛と平和に満ちているけど私はパソコンの前で何かと戦っています。麗にはいつもより遊ぶ時間を少しだけ我慢してもらっていて悲しみ。解決方法はただ一つ。難しいことから先に成果物になるまでやり切ること。どこまで個人のパフォーマンスを伸ばせるのか私の闘いですね。能力は伸ばせるはずだ。

ドバイの家にカウンター用の椅子が届いたようです。私達家族は9月20日頃のフライトでドバイへ行こうと思っています。仁奈のビザ取得には戸籍をUAE大使館(在東京)で認証する必要があって、麗の転校には成績の認証(在タイ)が求められ、どちらも時間がかかっています。子供がいるとフットワーク重めです。

ブログを更新してみました。完全な独り言ですが、よければチェックしてみて下さい。
https://yozawa.blog/virtual-currency-to-be-gafa/

朝起きるとジタバタしつつ、ここにいるのですが、髪の毛がなくて、まんぷく丸のほっぺがなんとも癒してくれます。仕事で疲れてる日も確実に自分を笑顔にしてくれるから、赤ちゃんはすごいですよ。本当に感謝しないといけない笑
#もうすぐ3ヶ月

無駄な支出はカットされる時代ですから商売というのは誰にとっても不要となれば時系列で削られ消滅してしまいます。ただ誰かの役に立ち続ける限りは成立します。多くの人に最初から必要とされることを目指すのは違っていてまず一部の人に熱烈に愛されることが先。発展するか否かは常にその後の話です。

娘のパスポートを受け取ってきました。面白い顔していますね(それでも私にとってはすごく可愛いんですが)。新生児は座れないため、床に寝かせたままこのように上から撮ることになりますが、真上を向いてもらうのが、けっこう大変です。

人は他者や物事を判断する時に1つか2つの問題に着眼して全体をダメだとしがちです。けれど慎重に考えてみればその対象には6つも7つも優れた点があったりする。わずかな問題で足切りせず全体の中の良い点を可能な限り探そうとする方が学びになりチャンスにも発展する。社会とも調和してやっていけます。

制約を恐れないことです。私は1日のうち息子と遊ぶ時間を必ず取ります。この時間は経済的には何も生まないかもしれない。もしこの時間も仕事できればと思うと子供は制約になる。ただ子供との時間が貴重だから他の時間を何倍も真剣に活かさねばと思う。どんな制約も人を強くします。成長の裏に制約あり

Load More...